Home Contacts
愛犬に最善を尽くす健康食品・サプリメントは"機能性成分"を考え、調べ尽くして下さい。 最大の歴史と実績を誇るβグルカン健康食品は、純度で比べるのが鉄則です。 犬にも、猫にも、高純度βグルカンなら最善を尽くせます。
βグルカン食品とβグルカン健康食品

現代では、βグルカンという成分の発見と測定技術の進歩によって、酵母菌の細胞壁という部分に豊富にβグルカンが存在することが発見されました。しかし、酵母菌(イースト菌)を食べるだけでは、酵母が体内を素通りするだけで、βグルカンは機能性を発揮されません。 βグルカンを小腸でマクロファージに吸収させるためには、酵母菌からβグルカンを抽出する加工精製技術が不可欠だったのです。

酵母菌から高純度にβグルカンを抽出する技術は1940年代に初めて発見・開発されて以降、1980年代に飛躍的に高純度化が進みました。この高純度化によって「パン酵母抽出βグルカン」が米国で大流行し、一気に広まりました。以前に存在していたマイタケをはじめとする全てのキノコ由来サプリメントに比べて、βグルカンの含有量が数倍に良化したことがニュースになったからです。含有量以上にβグルカンの摂取効率も高められたことは2重の改善となったのでした。

キノコからのβグルカン摂取が非常に非効率だと判ると、2000年代に入ってからは、合理性を重んじる文化の欧米と中心として、酵母抽出の高純度βグルカンが主流となりました。

効率良くβグルカンを摂取することは、人間以上にペットにこそ重要です。効率的な摂取が難しいペット、犬(イヌ)だからこそ、少量でも高純度のβグルカンを与えることでβグルカンの吸収を効率的に実施することができるのです。

効率的=高純度なβグルカンをと考えるなら、現代の酵母生成技術の最高峰はパン酵母から抽出したサプリメントが最高のβグルカン純度を実現しています。人間はもちろん、ペットにも利用できるβグルカン純度はキノコに数十倍に高まっていることから、効率はさらに数十倍となっています。

現代人の食生活からは、人間もペットもβグルカンは殆ど摂取できなくなっています。過去には頻繁に食する機会のあった発酵食品の酵母の中に含まれている極微量のβグルカンを知らず知らずの内に毎日摂取できていたのです。しかし、現代ではよほど意識しなければ発酵食品をペットに関しても、ドッグフード、キャットフードには高級品、格安品を問わず、βグルカンは含まれていないのです。

現代人にとっても、そのペットの犬や猫にとっても、βグルカンは健康食品にシッカリ摂取することが不可欠な時代になったと言えるのかもしれません。

Dog needs Beta Glucan.