Home Contacts
愛犬に最善を尽くす健康食品・サプリメントは"機能性成分"を考え、調べ尽くして下さい。 最大の歴史と実績を誇るβグルカン健康食品は、純度で比べるのが鉄則です。 犬にも、猫にも、高純度βグルカンなら最善を尽くせます。
βグルカンの副作用リスクとペット

成分としてのβグルカンには、副作用の心配は無用です。 数千年の歴史に加え、高純度に精製されたβグルカンの70以上の歴史がそれを証明しています。人間と同様に 犬や猫のペットに対してもβグルカンは副作用の心配の無い成分なのです。

注意すべきは不純物が副作用を引き起こすキノコβグルカンです。不具合の原因はβグルカン以外に含まれている栽培土壌からの重金属などの不純物であり、成分としてのβグルカンには全く問題無く、副作用は発生しないのです。

ハナビラタケや、冬虫夏草、カバノアナタケなどのキノコから抽出した成分を原料とした健康食品やサプリメントでは、製品の内容の半分以上はβグルカン以外の不純物です。βグルカンの純度は、良くても半分(50%)を超える製品は存在しないのです。 言い換えると、製品の半分近くが不純物で構成されているのですから、その非効率性は想像に易いものです。不純物の多くは栽培土壌等から吸収された重金属等の有害な成分であることが多く、副作用リスクの温床となっているのです。

βグルカンに限らず、健康食品で予期せぬ副作用を避けるためには、目的とする成分以外の不純物が少ない商品を選ぶことです。つまりは、目的とする成分の純度が高いほどに、副作用リスクは低減でき、加えてその成分の吸収効率も高く保つことができます。当然にβグルカン健康食品でも成分としてのベータグルカンの含有率が高い方が、βグルカンの効率が良く、同時にβグルカンの含有率が高いことは不純物が少ないことで副作用のリスクを最小化できるのです。

旧来のキノコ原料であるハナビラタケやマイタケ、冬虫夏草等のβグルカン含有率は残念ながら20~40%程度と低く、つまりは製品の40~80%が不純物です。この不純物に何が含まれているのか、その不純物成分とそのリスクには最大限の注意が必要なのです。

健康食品やサプリメントをペットである犬や猫に与える場合には、人間以上に副作用に留意する必要があります。もしも不具合や不調が発生しても、聞き取りもできない相手に対しては、細心の注意を払うことが不可欠です。そのため、製品の選択に際して、可能な限り副作用リスクを最小化、つまり不純物の少ない製品を選ばねばなりません。特に、βグルカン純度が高い製品を選択することが、ペットである犬、猫へβグルカン食品を食べさせる際に重要なのです。

過去には非効率である意味危険なキノコ健康食品に頼らざるを得なかったものの、現代では非常に高い純度に精製されたβグルカン製品が市販されています。 そして、最も高純度に精製されたβグルカン製品では、純度は60~85%に達しているのです。きのこ数倍の高純度で不純物が最小化されていれば、ペットの犬や猫に与えても不純物が原因の副作用リスクは最小化されていると言えます。

市販の高純度のβグルカンは、パン酵母(イースト菌)の細胞壁から抽出された健康食品・サプリメントが世界中で賞賛されています。純度が極めて高いことが特徴のパン酵母由来βグルカンは、人間用として米国では食品薬品局(FDA)によって、「一般の商品と同じ」とGRAS登録設定されている最高レベルの安全性が公的に認知されています。

可愛いワンちゃん、ネコちゃんに与えるならば、副作用リスクが最小化され、最高の効率でβグルカン摂取が可能な「パン酵母抽出の高純度βグルカン」が最善の選択だと言えるでしょう。

Dog needs Beta Glucan.