Home Contacts
愛犬に最善を尽くす健康食品・サプリメントは"機能性成分"を考え、調べ尽くして下さい。 最大の歴史と実績を誇るβグルカン健康食品は、純度で比べるのが鉄則です。 犬にも、猫にも、高純度βグルカンなら最善を尽くせます。
βグルカンは適正量をペットに

健康食品やサプリメントに限らず、全ての食品は食べ過ぎることは推奨されるべきではないでしょう。 優秀な成分であるβグルカンに関しても同様に、食べ過ぎは避けるのが賢明です。そして、それは人間だけでなく、ペットの犬や猫に与える場合も同様なのです。

βグルカンの適切な摂取量は、人間も、ペットの犬,猫も個々の体質や体調で大きく上下します。 対象の過量を気にする必要な無いものの、「食べ過ぎ」にならないような配慮が必要です。

他の食品と同様にβグルカンを食べ過ぎた場合も満腹感や胃もたれを感じるはずです。高効率の高純度βグルカンは見た目以上に、少量でも食物繊維を大量に食した状態になり易く、少量でも満腹感を感じることの多い食品なのです。

なお、ペットの犬、猫も人間と同様にβグルカンの摂取以降は便秘が緩和されます。βグルカンは食物繊維としての性質を併せ持つためですが、βグルカンの食べ過ぎの目安は、便秘の緩和を通り越して、便が緩くなり過ぎる場合です。もしも、便が緩くなり過ぎるようなら、βグルカンの摂取量を少し量を減らすことが必要で、言い換えると、便が緩くならない最大量が最適なβグルカン量だと言えます。

優れた成分のβグルカンでも過剰摂取は、「過ぎたるは及ばざるが如し」だと認識しなければなりません。その前提で、少量づつ摂取量を増減させれば、個人や個々のワンちゃん、ネコちゃんにとっての最適な摂取量は簡単に調整が可能なのです。

なお、キノコなどの低純度βグルカンに関しても、食べ過ぎた場合の不具合の出やすさは同じです。食べ過ぎない範囲で摂取できる総量は少なく、すなわちβグルカン量も少なくなるために摂取量効率は2重で低下するのです。

摂取量と効率の点でも2重に高純度βグルカンの優位点が効いてきます。

Dog needs Beta Glucan.